ID&IT Management Conference 2012

開催にあたって

2011年9月14日に東京で、そして9月16日に大阪で開催した『ID&IT Management Conference 2011』 は、合計で 400名を超えるお客様にお越しいただき、IAM(ID & Access Management)市場の活性化を図るという開催目的については、その第一歩は記せたと感じております。

継続こそ力なり。
本年も第二回目となる、『ID&IT Management Conference 2012』を開催いたします。

本年は「クラウドセキュリティとしてのIdentity/クラウド活用のためのITマネージメント技術」がテーマです。
クラウドの普及によりエンタープライズ市場でもオンプレミスとクラウドのITリソースを併用する時代、いわゆるハイブリッド・クラウド環境の時代がやって来ました。

エンドユーザは、セキュリティやIT統制の観点から、認証システムやID情報マスターDBをはじめとした機密情報の最適配置や、それに応じた運用管理ポリシーを策定することが重要になってきました。さらにSNSやスマホ・タブレットPCといったコンシューマ市場で普及し始めた技術の業務利用を検討する場合、それらをコントロールするためには、従来のエンタープライズID管理の概念を変えていく必要があります。

また、クラウドサービスプロバイダーにとっては、サービスの透明性を確保するために IAMを有効活用する必要性が増してきました。

このようなクラウドの諸々の問題を解決するため技術が、ID & ITマネージメントです。
このID & ITマネージメントの最新技術動や業界最新トピックスを満載した『ID&IT Management Conference 2012』を、本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

ノーサレンダー株式会社 代表取締役 プロデューサー

 江川淳一

開催概要

イベント名 ID & IT Management Conference 2012

開催日時・会場 大阪: 2012年9月19日(水) 10:00〜17:20(9:30〜受付開始)
ANAクラウンプラザホテル大阪 → MAP

東京: 2012年9月21日(金) 10:00〜17:20(9:30〜受付開始)
ANAインターコンチネンタルホテル東京 → MAP
主催 ノーサレンダー株式会社
協賛 株式会社アイピーキューブ、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、
株式会社インテック、エクスジェン・ネットワークス株式会社、
エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社、サイオステクノロジー株式会社、
日本ヒューレット・パッカード株式会社、日本マイクロソフト株式会社、
Ping Identity/マクニカネットワークス株式会社、
富士通関西中部ネットテック株式会社、
ユニアデックス株式会社(※50音順)
協力 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)、OpenIDファウンデーション・ジャパン、
NPO 日本ネットワークセキュリティ協会、国立情報学研究所、
カンターラ・イニシアティブ・ジャパン・ワークグループ
参加費 無料(事前登録制) プログラム
ご登録
セミナー定員 大阪: 200名 (技術セミナー/協賛セミナー 各100名) 
東京: 200名 (技術セミナー/協賛セミナー 各100名)
※定員に達し次第締め切りとさせていただく場合があります。
※満席のセッションも、当日空席が出た場合には受講可能です。

協賛・協力

株式会社アイピーキューブ 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 株式会社インテック エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社 エクスジェン・ネットワークス株式会社
サイオステクノロジー株式会社 日本ヒューレット・パッカード株式会社 日本マイクロソフト株式会社 Ping Identity  マクニカ 富士通KCN
ユニアデックス株式会社 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) OpenIDファウンデーション・ジャパン NPO 日本ネットワークセキュリティ協会 カンターラ・イニシアティブ・ジャパン・ワークグループ